介護職!命の現場、やりがいのある仕事!

介護

こんにちは!ko-chanです。

介護って「命の現場」ってイメージできないですよね!

でも僕は介護の仕事をしてこの仕事は命を預かってるんだ!!!って実感しました。

「いやいや病院じゃないんだから。」って思う方もいますよね!分かります。

だって僕自身がそう思っていたから。

ところがどっこい、、、実際に働いてみたらこの職場は命を預かる現場なんだと。とてもやりがいのある現場なんだと分かりました。

スポンサーリンク

介護施設が命の現場?

いやいやぜんっぜんイメージ湧かないですよね!!!笑

僕もそうでした!面接の時も、入職してからも面接官や管理者に言われました。

「命を預かっている」と、、、

「そんな大袈裟なっ!!!生活の手伝いでしょ?」くらいに思ってたました。上の人から言われても脅し文句なんかなーと半信半疑な部分がありました。

業務も独り立ち。いきなりの転倒!

独り立ちするまでに約1か月かかりましたがずっとフォローしてもらいなんの問題もなく利用者さんと話したり歩いたり。お礼を言われたり笑顔を見れたりで命を預かっているなんて全く忘れていました。

以前書いた「仕事の覚え方」を利用して業務をこなし、管理者や先輩職員からも褒められ「介護って楽しい!!!」の絶頂!!!完全に調子に乗りつくしている状態でした。

しかし、ある日ホールを1人で任され、お茶出しをしていると

「ゴンッ!!!」とても大きく鈍い音が、、、

振り返ると90代のおばあちゃんが1人で歩いてバランスを崩し、おでこから転倒・・・

「ほぼ全体重乗ったよな、、、」倒れる瞬間を見た僕は衝撃がでかすぎて今でも忘れられません。みるみる内に紫色に腫れあがり、看護師の処置の後病院に搬送されました。

僕は何もできず真っ青。あんなのお年寄りでなくとも半端なく痛い奴だし危険すぎくない???もはや恐怖ですよね、、、

もし入院したらどうなるんだろう、、、

入院した場合に起こる身体機能の低下

後で先輩職員から入院場合に起きえる可能性の話を聞きました!

1.入院し寝る時間、車いすの時間が多くなると筋力が低下し歩きが不安定になったり、歩けなくなる。

2.自由に動けないストレス、ケガもしくは手術の痛み、メンタル等で食欲がなくなる。→食べない事で痩せる、栄養不足からの免疫力低下、衰弱。

3.運動不足、水分、栄養不足からの認知症の進行。

等、入院するという事で脳や体に対して、変化が起こり、施設や家に戻ってきたら今まで出来ていた事も出来なくなっていたなんて事もあるのだという。

お年寄りにとって「転倒」一つとっても、その人、その家族の人生、生活、感情に大きく左右するものなんだと分かりました。

自分がもっとしっかり見ていれば。。。

ホールの見守りがどれだけ重要なのか理解できた日でした!!!

お風呂って怖い

そんな見守りが大切!!!って分かってからはとにかく見守り!!!

誰が動いて、誰についていかなきゃいけないのか、異変は無いか!?そんな事を頭に業務をしていました。

そんな中、お風呂を上がったおばあちゃんがとてもぐったり・・・意識も薄く反応も薄い。

先輩職員が見つけました。僕は全然気づかずに業務中!!!少しの変化も見逃さない先輩はほんと凄い!!!こういった発見も遅れれば遅れるほど身体への負担って大きいんですよね・・・

その後、

施設ではどうにもできず救急搬送、、、

その方は心疾患があり、ガンも末期だったそう。

お風呂が原因かは分かりませんが、お風呂に入って疲れてしまう高齢者の方はとても多いんですよね!

まとめ

どれだけしっかり利用者さんを見ているか。普段の様子と何か違う部分は無いか。

急に予測できない様な行動をする方はいないか。

こうやって見守る事が利用者さんのケガや、入院、身体機能の低下、病気等を防いだり、早期発見出来る事で大事には至らないって事に繋がるんだなと

介護の現場で命を預かるって事は、「居る」じゃなくて「安全に居れる」事が大切なんだなと!!!

病院じゃないけど、病気やケガも治せないけど、

安全に、楽しく、気持ちよく生活をして頂く事が一番!!!

一人

コメント

タイトルとURLをコピーしました